浦和の2つの家|庭でつながる2つの家

浦和の2つの家 姉の家の外観 庭を挟んで奥に弟の家がある

浦和の2つの家

独立した2つの家(姉の家、弟の家)を、中庭を共有するようにつくりました。
この2つの家では、単なる外部空間ではなく室内のような場所(半屋外空間)をつくることで、内と外のつながりをより豊かにしようと試みています。
外で寛いで過ごせる場所があることは、実はとても贅沢なことではないでしょうか。
また、屋根集熱式パッシブソーラーシステム「そよ風」を搭載しています。

道路側に建つ「姉の家」はカツラの木の横から玄関にアプローチします。
落ち着いた雰囲気のリビングからは中庭が見え、既存の金木犀が芳香を室内に届けます。
2階は折り紙のような天井の和室からカバードデッキに出られ、離れの彫金室へとつながります。
カバードデッキはほどよく囲まれ、正面にヤマボウシやサルスベリ、ジューンベリー等を植えた中庭が見え、室内の延長として寛いで過ごせる場所です。

奥に建つ「弟の家」は玄関前でヒメシャラが迎えます。
リビングからはアオダモが正面に見え、和室はコーナーを大きく開くことで中庭につながり、半屋外空間の心地よさを感じられます。

Data
所在地埼玉県
構造・規模木造地上2階建て
竣工年2012
敷地面積150.80/199.60㎡
建築面積80.87/87.45㎡
延床面積139.94/142.9㎡
施工幹建設
造園高松造園