戸手本町の家|中庭のある3階建て二世帯住宅

戸手本町の家 子世帯のダイニングからリビングを見る

戸手本町の家

住宅地の50坪ほどの敷地に建つ、分離型の3階建て二世帯住宅です。

中庭のまわりに暮らしが営まれるコの字型のコートハウスで、1階は親世帯です。
1階は採光の面で不利になりがちですが、中庭があることで明るく開放的な空間になっており、キッチンや寝室、どこにいてもアオダモを植えた中庭の風景を楽しめます。
リビング・ダイニングには炬燵テーブルと造り付けソファをデザインしました。

2、3階は子世帯で、フラットな畳敷きのあるリビングが家の中心です。
リビングに面した本棚のある階段、ドラムの練習ができるホールなどいろいろな居場所があります。
適度に壁で囲われた広めのバルコニーは、観葉植物を育てたりハンモックを下げたりと室内の延長として多用途に楽しめます。
リビングと寝室、それぞれに設けた書斎コーナーはリモートワークにも活用されています。

Data
所在地神奈川県
構造・規模木造3階建て
竣工年2021
敷地面積168.04㎡
建築面積87.74㎡
延床面積177.46㎡
施工堀井工務店
造園高松造園