三島の家|庭とカバードデッキで緑を楽しむ家

三島の家 ホールからカバードデッキを見る

三島の家

地上の庭や2階のカバードデッキ、どこにいても緑を感じられる住宅です。

1階は庭とつながるLDKとテラス。
庭は主木のアズキナシを中心に、ヤマグルマ、ソヨゴ、常緑ヤマボウシ、ツツジなどを植え自然な雰囲気としました。緑に囲まれた広いテラスは、子どもたちの格好の遊び場にもなります。

2階は寝室や個室ゾーンとカバードデッキ。
ガラス屋根で覆われたバルコニーを「カバードデッキ」と呼んでい
て、部屋のあいだに中庭のようなカバードデッキがあることで、大きな窓で明るく快適に過ごすことができます。
カバードデッキには花台とベンチを造り付けてあり、観葉植物を育てたり、お茶を楽しんだり、室内の延長として開放的に使用できます。
このような、内と外をつなげる半屋外空間がある住まいは、暮らしをより豊かにしてくれます。

Data
所在地静岡県
構造・規模木造地上2階建て
竣工年2016
敷地面積178.87㎡
建築面積84.68㎡
延床面積132.48㎡
施工大同工業本社
造園高松造園
協力:駿河庭園