鎌倉の家|密集地でありながら緑を楽しめる家

鎌倉の家 ロフトから見下ろす

鎌倉の家

鎌倉特有の入り組んだ小道の一角に建つ住宅です。
路地がめぐり隣家との距離も近く建て込んではいますが、周囲の住宅地の緑に恵まれた環境です。
敷地面積30坪ほどの広さの中で、緑を楽しむ暮らしを送ることを大切に考えて設計しました。

1階は庭と連続した個室と水まわりです。
寝室や個室は広いウッドデッキで庭とつながり、ぽかぽかと陽が当たる縁側のようです。
玄関までのアプローチには御影石を敷き下草を植え、緑豊かな路地を延長した雰囲気としました。

2階は家族が集まる明るいリビングで、薪ストーブも備えています。
2階リビングは接地性が薄れますが、メリットもあります。
一つは採光に優れ明るい環境を得られること。
特に建て込んだ環境では有効な手法です。
また、屋根を天井の形なりに高くできること。
この家では勾配天井が「く」の字型の平面とともに変化し、空間にアクセントを与えています。
そして、2階からも緑を楽しめるように、お向かいの緑を借景として取り込む窓を設けました。

Data
所在地神奈川県
構造・規模木造地上2階建て
竣工年2010
敷地面積99.01㎡
建築面積53.91㎡
延床面積104.51㎡
施工成幸建設
造園高松造園