成田東のコートハウス|屋上庭園のあるコートハウス

成田東のコートハウス 外観 緑が街にこぼれるような雰囲気とした

成田東のコートハウス

中庭と桜を含む庭、2つの重心をもつ庭のあるコートハウスです。
築50年ほどの家の建て替えで、少し風化した佇まいと和の趣をまとった庭がありました。
その中から、桜を選んで残しています。
また、年月を経て刻まれた「想い」を汲み取り、既存のものをあちこちにちりばめています。

道路から見る外観は窓が少なめですが、緑が街にこぼれるような雰囲気としました。
玄関を入るとイロハモミジを植えた小さな庭が見え、次に中庭の緑が目に飛び込みます。
中庭の主木はヤマボウシで、少し離れた位置に既存の桜があります。
リビングはコーナー窓を通して庭とひとつながりとなり、四季の変化を日々感じられます。
中庭のバードバスは既存の石灯籠を再利用し、既存の瓦を砂利止めや踏み台としました。
2階はハイサイドライトの光で明るい水回りと個室、書斎です。
書斎は屋上庭園に面し、隣家の八重桜やワイヤーを利用した藤棚、井戸水を利用した水盤を眺めながらゆったりと過ごせるようにしました。

上から見下ろすと、街の緑と家の緑が連続している様子がよくわかります。
街の風景は一軒一軒の家が形成するものですから、わずかでもいいので植栽をした方が街並みは確実によくなります。

Data
所在地東京都
構造・規模RC造地上2階建て
竣工年2009
敷地面積189.23㎡
建築面積94.11㎡
延床面積133.31㎡
施工オカダコーポレーション
造園高松造園